自分の想像したあの女

「おい」と純一は呼び留めた。「お絹さんというのは誰《だれ》だい」「そら、けさこちらへお火を入れにまいったでしょう。きのうあなたがお着きになると、あれが直ぐにそう云いましたわ。あの方は本を沢山持っていらっしゃったから、きっとお休みの間勉強をしにいらっしゃったのだって」 こう云って置いて、女中は通い...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:40 am  

努めて無造做《むぞうさ》に云った

「いいえ」と女の答えた頃には、純一はまずい、sentimental《サンチマンタル》 な事を言ったように感じて、後悔している。「おやかましかったでしょう」と、女が反問した。「なに。好く寐られた」と、純一は努めて無造做《むぞうさ》に云った。 障子の外では、がらがらと雨戸を繰り明ける音がし出した。女...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:39 am  

心が落ち着くと共に

 さてきょう実行すると極めて、心が落ち着くと共に、潜っている温泉宿の布団の中へ、追憶やら感想やら希望やら過現未《かげんみ》三つの世界から、いろいろな客が音信《おとず》れて来る。国を立って東京へ出てから、まだ二箇月余りを閲《けみ》したばかりではある。しかし東京に出たら、こうしようと、国で思っていた事は...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 10:38 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0324 sec.

http://andonoboru.com/